巣鴨NPO法人・子供たちと石窯作り

耐火レンガ段石窯キットを使用した石窯作り

「NPO法人芸術家と子どもたち」の事務局から安い費用で、素敵な石窯を作りたいという相談を受けたのがこの石窯(石釜)作りの始まりでした。フリーハンドは、やる気まんまんのスタッフのために、一肌脱ぐことになりました。石窯のデザインとワークショップの指導運営も引き受けてしまいました。 7月の猛暑の中、多くの参加者と、楽しく石窯作りをすることが出来ました。

ワークショップで完成した石窯

耐火レンガ2段石窯(石釜)キットの外側に土漆喰を塗り、ワークショップ参加者が持ち寄った陶器のかけらや貝殻などを埋め込んだオンリーワンの石窯です。土漆喰を10cm厚に塗り保温性を高めたので、本格的にパンも焼けます。
制作の様子は ここから>>

芸術家と子供たち事務局よりお便りをいただきました。

先日開催したクリスマス会は50名も集まる盛大なものとなり、 石釜ターキーもピザも非常においしく焼けてみんな大満足しました。 10キロのターキーの中には特製のスタッフィングを詰めて まわりに塩コショウをすりこんで、あとはバターもかけず そのまま石釜に入れただけ。
大きすぎて、バターをかけてこんがり焼くなどの作業はできなかったのが 事実なんですが(苦笑)、こんがりすぎるほど焼けたものの(実は真っ黒) 味も香りもとてもいいターキーに仕上がりました。
焼き時間は3時間半。 最初250度くらいまで高温になってしまったので 真っ黒になってしまいましたが、その分1時間半くらい早く焼きあがりました。
180度程度でじっくり焼けばもう少しきれいに焼けたかとおもいます。 姿は美しくないのですが、切り裁いているところを添付送付します。


七面鳥の黒焼きです。 大迫力でとても美味しそうに見えます。 Photo:gurigri
この日は、畑でとれたカリフラワーやトマトでつくったピクルスや、 ターキーの首でだしをとり、とれたての白菜をいれたスープ、 手創りピザなどもならび、石釜ができたことで 食の豊かさがぐんと高まったことはもちろん メンバーの皆さんのモチベーションと連帯感も格段にあがりました

そしてまた芸術家と子供たち事務局よりお便りがありました。

お世話になります。
先日お電話にてご相談させていただきました、5年ほど前に作った石がまの補修についてですが、検討の結果、今回は漆喰仕上げにしたいと思いますので、ぜひ漆喰ワークショップをしていただけたらと思いご連絡させていただきました。まず日程のご相談ですが、ピンポイントで申し訳ないのですがもし可能でしたら【11月3日(日・祝)】に実施できればと考えています。 そちらのご都合はいかがでしょうか?また、時間についてはだいたい何時から何時くらいまでの予定になりそうか教えていただけますか? よろしくお願いいたします!
現在の石がまの様子を添付させていただきます。


補修まえん石窯君

5年間、雨ざらしで風雪に耐えた石窯くん、こんな悲しい姿になりました。

補修後
心をこめてフリーハンドの石窯マイスターが再生します。 貝殻を埋め込みます
ワークショップ参加のみなさんで貝殻と珊瑚を貼り付けて新しく生まれ変わりました! 貝殻のデコレーション
皆さん可愛がってくださいね! Photo:guri

ワークショップ石窯詳細データ

材質:耐火レンガ2段石窯キットの入口にレンガアーチをつけて、外側を土壁で仕上げました。
   雨ざらしのため5年後に補修しました。補修は軽量モルタルと漆喰塗りで行いました。
耐火レンガ大板(床)  
耐火レンガ(壁)、土壁(外壁)
窯外寸法:幅90cm 奥行80cm 高さ80cm
窯内寸法:幅57cm 奥行60cm 高さ26cm
重量:550kg
燃料:薪及び炭
排煙装置:直径10cm 高さ50cm 
施工日数:1日 (基礎工事を除く)
施工協力:㈱市古商店、佐藤左官