ピザ釜作り・ピザ焼きワークシ ョップ in 栃木

ピザ釜作り・ピザ焼きワークシ ョップ in 栃木・名草ふるさと自然塾

「栃木県足利市・名草の里」で、ピザ釜作り・ピザ焼きワークショップを開催しました。地元NPOの皆さんの絶大な協力で立派なピザ窯小屋まで作っていただきました。2日間で老若男女100名以上の方々に参加いただきました。ピザ釜の作り方教室に始まり、ピザ焼きまでの盛りだくさんの内容で楽しい2日を過ごすことが出来ました。制作したピザ釜は、内径1.2mで2本煙突つきの半球型のドーム型ピザ釜です。
各回定員:50 名/参加費:2000円(2回分・ピザ一枚付)で開催しました。後援:足利市企画課

参加者記念写真

泥んこで窯作り
幼児から熟年まで、たくさんの人々の参加で
ピザ釜作りは大いに盛り上がりました。

 

第1日目・釜作りワークシ ョップ

時間 シーン コメント
AM
10:00
あいさつ 参加者集合。
主催者よりワークショップの概要説明。
AM
10:10
始まり ピザ釜の作り方教室の始まりです。
ピザ釜製作開始。
焼き床レンガ並べ。
AM
10:30
レンガ加工 レンガを紙型の通りにノコギリ加工。
AM
10:55
だんだん石窯らしくなってきた レンガ積み、目地モルタル詰め、ドームらしい形が出来て来ました。
AM
11:30
泥団子作り ピザ釜本体を覆う土壁用の泥団子作り。120個の泥団子を作りました。
PM
3:40
泥んこになって頑張ってます ピザ釜本体に泥団子をたたき付け外壁の成型。鏝で均して最終仕上げ。
PM
3:40
2本煙突 2本の煙突を持つ角窯の完成。記念の火入れセレモニー。

PM
3:40

完成した石窯の横顔 約2週間乾燥させます。次回ワークショップはピザ作り、ピザ焼です。